虎の毛皮は日本において、嵯峨天皇の御代にテンなどの毛皮とともに、高級舶来品として渤海国から輸入されました。平安時代となれば貴族が毛皮を身に着けることが流行し、防寒のも悔い的であったものが徐々に権力ととみに象徴となり、着用は身分によってランク付けされるようになりました。虎はその中でも特に身分の高いものしか手にすることができない毛皮の一つです。戦国時代になると、信長公記の中で記されているように、信長が虎皮と豹皮を四色に染め分けた半袴をはいていたことが今に伝わっています。ただし天正9年「天覧馬揃え」で身に着けていた虎の模様の行縢は、金地に虎の斑を刺繍したものですので、本当の虎の毛皮ではありません。ただし強さを誇示する戦国時代の武将たちが好んだことは間違いありません。ただし現在人気の前田慶次程度で虎bに川を身に着けることができたか否かは不明で、フィクションの域を出ないのではないかと考えられます。敷物などはそれでも名がある武将が好んで手に入れたのではないかと思われます。また秀吉の大陸へ出兵の際の加藤清正虎退治の逸話がありますので、そういった虎は国内に持ち帰ったとしてもおかしくありませんし、虎の皮を求めて持ち帰ったことも考えられます。このような虎の敷物は、今の毛皮買取の場でも大変人気です。ただし、虎猟も法規制がなされ、虎の毛皮はもちろん、敷物も手に入りづらくなってきています。虎は薬の原料としても高値で取引されていましたので乱獲が続き、とうとう絶滅を危惧される動物となってしまいました。毛皮買取の市場では、以前から所有していた人が手放すなどがありますので、品薄ではありますが、それでも手に入れる機会があります。虎の敷物はどこで買えますか、信頼できる古物商などを狙うとよいでしょう。また敷物を手放す際も大変高額査定が出やすいものです。毛皮は手入れが大変ですから、全く使わずに直し込んでいれば、劣化させてしまうこともあります。劣化した毛皮は価値も下がってしまいますので、状態がいいときに査定するのがおすすめです。「信頼できる業者を選ぶ」ことについて、品質を見極める目が必要な品物であると同時に、入手背景が見えない品物を高額で購入すると、それだけトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあるといった理由もみられます。高額で品薄なものですし、現在の捕獲は法規制が課せられているものです。そういった問題も、信頼できる業者を選んで売り買いすることで、リスクを回避することができます。業者を選ぶことを慎重に行いましょう。