せっかくの毛皮も着なくなってしまったり、好みのものではない場合は、どうしたらいいのか迷ってしまうこともあります。

そんなときは毛皮買取のお店に持っていき、査定をしてもらうといいです。できるだけ高額で買い取ってもらうためにも買取のお店に持ち込むときのコツなどを知っておくと便利です。

まず、基本としてできるだけよい状態で持ち込むことが大切です。シミや汚れがなく、匂いがない、傷みがない、毛並みがよいなどの状態なら査定のときによい結果が出ることが多いです。毛皮のコンディションをよくするためには日ごろの手入れが大切です。匂いがつかないようにたばこなどを控えたり、摩擦で毛皮が傷つかないようにバッグが肩にかけたりしないなどの注意が必要です。

シーズンを終えて片付ける前にはクリーニングで汚れや匂いをしっかりと取っておくようにするといいです。クリーニングに持っていくときは、毛皮専用のクリーニングをしてくれるお店を選ぶようにします。

保管をするときには毛が押しつぶされて型崩れしたりしないように気をつけることも忘れないことです。保管するところも気温は10度以下で通気性のいいところを探しておくようにします。

このように日ごろの手入れのよさで毛皮買取の査定の結果が変わってきます。毛皮買取のお店に持っていく前には手で埃を落としたり、軽くブラッシングすることで毛並みを整えたりするといいです。それから、ぬるま湯に浸してしっかりと絞ったタオルなどで目立つ汚れをたたくようにふき取るようにしておきます。

自宅でできる手入れ方法をしっかりと行ってから持ち込むようにします。

毛皮に限らず、ごく一部の希少なものを除き、アパレルの商品というものはその価値が下がってしまうことが多いということは理解しておく必要があります。流行というものもあり、特に毛皮の場合、手入れ方法も難しく、保管しておくのがとても大変です。なので、状態が悪くなる前に毛皮を買い取ってもらいたいという人もいます。

買取のお店に買取に持ち込むときは、購入してから2年以内が一番いいといわれています。

それから、買取のお店に持ち込むときには保証書も一緒に持っていきます。保証書が付いている状態のものは、それを一緒に出すことで査定額が一気にアップしやすくなります。

毛皮買取の査定をしっかりとしてくれるお店を探すことが重要です。専門の知識を持っている鑑定の資格を持っている人がいるところを探すといいです。

毛皮の買取について知りたいという場合は詳しくはここをチェック!